こんにちは、春本です。

先週の土曜日は『高知暮らしフェア冬in大阪』で開催でした。
そのときの様子は、明日、井上のブログにてご紹介させて頂きます。

事務局長大崎から命令を受け、写真の撮り方を勉強してきてとご指示がありましたので今日の午前中は、津野町さんにある片岡直輝・直温生家で『写真の撮り方セミナー』に参加させて頂きました。

写真を撮影するときは、HDRの設定で撮影した方がよいということと、動きのあるものは人間の目とカメラとのタイムラグが発生するのでカメラを見ながら撮影するのではなく肉眼でみながらカメラを押すと良い写真が撮影できるそうです。

風景写真で一番大事なのは、ピントをどこに合わすのかで伝えたい事が決まってくるので
ただ単に、きれいだね~!を伝えるのはなく何を伝えたいのかを考え写真撮影をすると写真を撮影するにも楽しさが増えてきます。
料理の写真は逆光で撮るのがポイントで立体感や光の反射で食べ物の美味しさが伝わってくるそうです。

私は、空き家の撮影の仕方を質問させて頂きました。
家の内装の撮り方は、立って写す、座って写して見るとか、上から下から色んな角度で撮影して窓側と奥とで光が安定した方が良いので光に影響されないように撮影すると良い写真が撮影できると教えて頂きました。
教わった事を無駄にしないように、実践してみたいと思います。

 

庭園を撮影させて頂きました。

12月9日(日)は『高知暮らすフェアin東京』にて開催されます。
東京では、須崎市役所さんと暮らすさきも参加させて頂きます。
たくさんのご相談をお待ちしております。